Orange Tea

Author * hideち / 愛でるモノは音楽・本・植物・金魚でス。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 実在しないお別れ | main | Come rain, come shine >>

『地下街の人びと』

by ジャック・ケルアック

二週間半前に会ったRさんとまた昨日、
今度は浅草で会った訳ですが、
そこへ行く途中、銀座線に乗って浅草まで行く中で、
読み終わりましタ。

酒と女と、薬とセックスと、狂気と生ゴミの中で、
「僕」と「マードゥ」が愛し合う話であル。
僕は31歳の小説家で、
マードゥは22歳の、褐色の肌がどの色よりも美しく見える黒人女性。

男女の間で起こる、個人的な見解で、孤独、はたまた同姓と一緒に、
相手、はたまた異性を好き放題に妄想し、自ら淀みにはまる、
お馬鹿なハエが、それを葛藤と名付けたならば、
この本には葛藤が無く、いつ崩れるか終わるのか分からない、
狂気の中で発生した、薬みたいに短気だけども、憑いてしまう愛の話。

本の中の文を引用すると、
「ゴミ箱で目を覚ましたクモのような気分(pp154)」のクモが僕やマードゥ、
酒と女と薬と、自分がどれ程凄いかと言う男同士の虚栄や、
日雇いでいる人たちの事で、確かな自由をの中で生きる世界であり、
「もっと快活でもっと堅実な、気紛れという汚れの少ない生き物の(pp154)」、
所謂、渋谷の地べたで座って駄弁っていられる人や、
六本木の喫煙コーナーで昼休みの一服を嗜む人や、
こうしてブログを書きながら男を待つ健気な女が、いる世界のお話ではない。

享楽的で、快楽主義的で、自らの頭がある場所よりも遥かに上の方で、
輝かしい自分の未来を見つつ、体は女に突っ込み、女は突っ込まれる。

そうして狂気は日常に溶け込み、僕とマードゥは疲弊し、傷つけ合い、
葛藤が手元に残り、僕はマードゥをゴミ箱の中に帰すはずだっタ。

この本は意識と無意識の割合が、明らかに無意識が陣取っていル。
村上春樹の『羊をめぐる冒険』や『海辺のカフカ』、
『ねじまき鳥クロニクル』と同じ香り。
深い精神の部分を掘り起こして、
それをそのまま紙に打ち込むのが好きだナ。
読本 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goldfish-er.jugem.jp/trackback/231
この記事に対するトラックバック
20年ほど前に初めて読んだ時、なんの予備知識もなかったせいか、てっきり南米あたりの古代遺跡周辺に伝わる神話の類いなのだと思い込んでました。その後、「百年の孤独」をはじめとする作品群に接することで、自分なりのマルケス像を思い描くようになったのですが、「
エレンディラ (ちくま文庫) | まおのブログ | 2007/09/29 1:40 PM