Orange Tea

Author * hideち / 愛でるモノは音楽・本・植物・金魚でス。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 夢を見た | main | 実在しないお別れ >>

捨てた捨てられたのは誰

今、東京のお空は、大荒れでス。

雷さんがはしゃいでうるさく、
都会のネオンで淀んだ、紅に染まったお空を稲妻が割りまス。
雨さんがその辺のアスファルトに溜まった埃を流しまス。
お空はとても、不安定みたいネ。

一瞬の停電。
避雷針に向かって落ちる、落ちる。

べしょべしょになった道をスクーターが走る。
頼りなく、走る。

空が、光る。
地面をも巻き込んで、雷が轟々と鳴り、落ちる。
人が空を見れば、光を失うくらいに、真っ白なものが辺りを被う。
見ると、お臍を取られるばかりじゃないみたいダ。

私たちはここで生きているんだが。
そう言っても、今、雷と雨が打ち消している。
Itの我々も、もちろんここにいるんだヨ、と。
ちょっと安心してしまっタ。

部屋で寛ぐ金魚たちも、背びれを畳んで、
ジッと水槽の底で静かにしていル。
池の金魚たちは、雨が水面をたたき、
水を増やしてくれるので気持ちが良さそう。

外に出て煙草を吸ってみル。
なるほど天気は天子の気色みたいダ。
屋根の下に居るのに、狙ったようにして、
火を点けたばかりのマッチをけしやがル。

さて、そろそろ移動の時間だヨ。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goldfish-er.jugem.jp/trackback/229
この記事に対するトラックバック