Orange Tea

Author * hideち / 愛でるモノは音楽・本・植物・金魚でス。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

赤い点

デジカメをやっと手に入れたhideちでス。
早速いろいろな物を写真に収めようとカメラ片手に歩き回りまス。
シャッターボタンを押し、それもう一度と押してみても、
無駄にデータが蓄積するばかりでございまス。

以前愛用していた使い捨てカメラと違い、
撮ったばかりの写真を確認できるのは、
何だかお節介な仕立て屋さんみたいですナ。
しかし、如何せん気楽に写真を撮る事が出来るのは、いやはや便利な事よ。
ここに貼る時に手動でサイズを合わせたものだから、やや歪な画像に(涙。

ベニ子とフカさん

どちらも去年の春に生まれた、どちらも可愛い子でス。
使用しているのは、キャノンのIXY。
金魚の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Come rain, come shine

四日ほど前から金魚たちの水槽の掃除を始めたのよネ。
半年に一度の大掃除なので、
本格的に掃除をしてしまおうかと思いきや、
この天気では太陽光での殺菌消毒なんてできやしません。
hideちは阿呆ねぇ。

おかげで松本さんたちは暫く別荘暮らし。
松本さんともぐ松本さんとフカさん
結構居心地が良さそうね・・・。
金魚の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

金魚の祭典【日本観賞魚フェア】

文字通〜り。
6日から8日の三日間に渡って都営新宿線「船堀駅」下車数秒の場所に佇む"タワーホール船堀"で開催された【日本観賞魚フェア】(゜■゜)クワッ

hideちは7日のに行きましタ。午前中は新入生の勧誘(@淵野辺)を勤しんでいるはずの二年生に差し入れを持って行き、暫くそこに居座ってから行って来たゾ。

友人KMも付いてきたサ。

しかし神奈川県相模原市から、東京23区の中を突き抜けて、半蔵門の住吉から先の船堀までは、ちょっとした旅行気分な距離。淵野辺で会った友人KGから借りた漫画がなければあの距離はどうやって切り抜けていただろう・・・と言うくらい普通の電車にのって行ったヨ。

さて会場では・・・
かまぼこりゅうきんわきん/こめっと
金魚テンコ盛りーvvV
いくら松本さんが銀河団一可愛い金魚であっても、
ここの金魚の容姿と言ったら(´ω`)♪立派立派
赤いべべ着た可愛い金魚たちは実に良く育て上げられていて、大きく育ち、鱗の模様がハッキリ出ていて、水槽の照明にあてられて、その中をゆったり泳いで、いやぁ溜息モノでしタ。
品評会や競りも行われたので、逸品モノにも出会えたヨー。
幸せー。
らんちゅうしゅうきんぱんだでめきん
開催二日目に行ったhideちですが、疲れた様子の金魚もいくつかあり・・・金魚も多くの人たちに見られて大変だのぅと思ったとサ。

どのくらい居座ったのかは不明ですが、
会場を出る際に抽選ができたのでス。
hideちとKMは勿論行きましタ。
一等は水槽一式だったので、大分意気込んで抽選駒を回した。

「カランカラーン」

一等は隣の人が取ったよぅ。
hideちは残念賞ならぬ五等の金魚の餌とカルキ抜き・・。
どこかのおまけについて来るような小さなパック・・・あぅ。

「生きた金魚になりますが大丈夫ですか?」

と聞かれたのはKMだっタ。
「何か出るとは思ってた」と、後にサラリと言った彼女ですが、係りの人が言った通りで今年生まれた金魚二匹をもらった訳でス。

「hideち預かってねv」

と渡されて、今hideちの自室におりますヨ。
松本さんを筆頭にとらちゃん、西君、東君の居る水槽はサイズの差が大き過ぎるので、入居不可。
べにーちゃんの一戸建ての丸い水槽は、二匹入ると狭い。
かと言ってワキン型が50匹いる池の中に入れると確実に生存競争に負けるし。
という事でべにーの夏の住居を引っ張り出してきましター。
広いー広すぎるー。
隠れられる物がないので、コップを中に入れておきましタ。
水草は明日にでも渋谷西武屋上のペットショップで買ってこようか。

KMから預かった二匹は、「らんほう」と「しょうほう」。
命名by友人KM。
hideちは密かに「かれい」と「ふか」と呼んでいル(ノ∀`)アハハ
会場テラリウムコーナー
会場は照明を落としてあり、観賞魚フェアなので他の魚もちゃんといましたヨ。
金魚の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(2) | - | -

ヒーターと、クリスマス用品

土曜日の授業後は友人二人してスタバに入って二時間程世間話をしていまス。
しかし今日はその友人が来なかった。
独りでスタバへ入っても気兼ねはしないけれども、あの狭い店内でセカセカする人たちの中ではゆっくり珈琲が飲めないので、渋谷の西武へ行きましたとサ。

hideちの愛金魚の中で、転覆病をよく起こす仔がいまス。
その名はトラちゃん。
転覆病は浮き袋の異常で水中でのスムーズな運動ができなくなり、
ポッカリ水面にひっくり返ったまま静止してしまうものでス。
原因は消化不良や水温が低くなると起こるもの。
しかたなく今年から、冬場はヒーターを使うことにしたのでス。
そのヒーターを買う為に西武デパートへ行きましタ。

ヒーターとはそんなに高級なものなのか、と思いましたか?

どのデパートにも、屋上階には大体ペットショップなるものがありまス。
渋谷には東急(駅真上と、本店)もありますが、そこはお勧めできないでス。
西武は犬(猫もいるのかナ)と、熱帯魚・小鳥・小動物で分かれて店が構えてありまス。
販売されている各生き物には、まるでその飼い主かと思うくらい入れ込んでいる主(ぬし)がいまス。
巷のホームセンターや、物を売ることに比重をかけるペットショップ店員ではありません。
自分の子供のような、その動物を生まれた時から最後までシッカリ育てる事ができる、プロがいまス。
因みに初老に差し掛かる男性たちでス。

そこにはちゃんと、金魚もいまス。
どれも肥ってて、飼い慣らされていて、健康で、発色も良く。
それらに囲まれてhideちは擬似的に天に召す事ができましタ。

さて、熱帯魚の主と何十分か金魚について語り合い、
ヒーターと新たな金魚用の食料を買い込んでから、
ホクホクと暖かい気分で家へ帰りましタ。

12度を下回りそうで下回らない極寒の水槽内では、やはりトラちゃんはひっくり返り、松本さんは底砂利を突いて遊び、東は転覆中のトラの尾びれの下で寝て、西は水草の間を泳いでいるのが楽しそうでしタ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・設置中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、完了した訳でス。
販売店ではよく、長細い小さなバトンみたいなヒーターを横にして入れていたので、こちらの方がカバー範囲が大きいから良いのかな、何ぞ勝手に解釈していたのでhideちもそのつもりでしたが、設置する前に腰を降ろして取扱説明書を見ると、ババンと縦に入れてくれ、と書いてあるではないカ。
違う種類だったのかもしれないし、実はどちらでも良いのかも知れないけれど、それで壊れれば1年の無償保障が効かなくなるのを恐れた肝の小さいhideちは、説明書通りにつけましたとサ。

・・・・・・・・・・・・水温も上がってきましタ・・・・・・・・・・・・・・

水温が15度を下回る前の状態に戻ると、ひっくり返っていたトラちゃんを初め、
(松本さんは相変わらずですが)皆さん快適そうでなによりでス。
↓体調が良くなって来たトラちゃん。気持ち良さそうに寝てまス。
(この後、元気爆発の松本さんが乱入し、トラちゃん折角の安眠が妨害)
暖かくなってウトウト・・・
蝋燭とツリー気分が良くなったhideちは、
12月にも入ったことですし、学校も電飾で夜は賑やかになった事ですし、
水槽(内ではない)もクリスマスの雰囲気に!
と言う事で、小さなツリーを水槽の前に置きましタ。

そしていつも部屋に灯す蝋燭も、UNICEFから買った、ツリーが描かれた蝋燭に交代。

それらには松本さんと、トラちゃんが随分と興味を持ってくれましタ。
愛知の実家にいた頃、このツリーの三倍程の縫い包みツリーを、やはり松本さんとトラちゃんは見てましタ。
前に置かれた物には反応する仔なのかしら。
松本さんは気になっタ
東と西はまーったく興味なし。流木についた苔を取る事に熱中してまス。
東と西はツリーに無視
今年の冬は金魚たちには過ごし易いだろうナ。
金魚の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(5) | - | -