Orange Tea

Author * hideち / 愛でるモノは音楽・本・植物・金魚でス。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

TREASURER mild gold

ただいま、こんにちは。
月曜日から昨日水曜日までゼミ合宿だったんだナ。
昨日は大雨の影響で電車が止まりに止まりながら、
何とか東京駅まで、UNOをやりながら着けましタ。
体は元気なのに、頭が疲れた合宿だったゾ。

渋谷まで来た時に、
煙草が切れてしまっていたのを思い出したので、
地下街で贔屓にしている煙草屋さんに立ち寄ったわけでス。
「SobranieのBlack Russian下さい〜」と言い、千円札で払いまス。

おつりを財布の中に入れようとした時に、
ふと視界の端で光るモノを見つけたのネ。
視線を上げてよくよく見てみると、「Treasurer」って書いてあル。

「・・・・ちょーっと待って下さい!それトレジャラーですよネ!」

とカウンターから、座礁した船のように乗り上げて言ったサ。
「そうよー。最近の若い人はよく調べているのねぇ。」とか言われつつ、
「最近の若い人」と言う言葉に歯切れの悪さを覚えつつ、

「下さい!(゜∀゜)」

と1300円出して買っちゃいましタ。
彼のチャンセラー社の、Mild Goldでス。
シルバーケースとラグジュアリーホワイトはもう日本に入らないサ(´д`。)
ケースの側面には「製品名のMILDは、健康に及ぼす悪影響が他製品と比べて小さいことを意味するものではない」の注意書き付き。ちょっと面白い。

ソブラニーと言い、アークと言い、コイーバと言い、
その内hideちはシガーでも吸い出すんじゃないかってくらい偏って来ましたヨ。

ケースを開けてみると、
豊かな煙草のにおいがしまス。
濃くて、逆にクラッときそう。

現在いれたての玄米茶を飲みながら、横目で煙草棚を見ていまス。
楽しみだナー。
トレジャラーMildGoldトレジャラーMildGold
タール 6mg
ニコチン 0.6mg
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

♪Peace and quiet and open air

(by Il Divo "Somewhere")

でも、今聴いているのはショパンの"雨だれ"。
ベッド脇のランプだけ点くhideちの部屋は、
ファンを一所懸命回すパソコンと、hideちが独り起きていル。
金魚たちの動きは鈍く、無機質な泡が濾過機から出ル。

"木枯らし"が始まル。

最後に煙草を吸ったのは、いつだったか。
久しぶりにニコチンに酔ってるhideちでス。
全然吸わないくせに、美味しそうなのを見つけては、
買うものだから、机のひきだしの中には何箱も・・・。
梅雨に入ると葉っぱが湿気てしまい、
刺激の強くて、つまらなく苦くなってしまう。
夏の高温になるとやっぱり味が変わってしまう。

開封したての一本は、また格別なのだが。
誰か・・・貰って!!(切実)

そろそろ"別れの曲"が始まル。

フィルター手前ギリギリが、hideちが最も神経を使う所。
丁寧に乾燥させた煙草の、濃厚な煙が、
強くなるニコチンとタールと一緒に口の中に溜る。
軽く唇で挟んだフィルターを口から離し、
空気と一緒にゆっくり肺に入れル。
喉を通って暫く篭らせると、口内には香り豊かな葉の味。

紫煙を吐き出す時に、喉をくすぐる煙。
指先で挟んだ煙草からは、一本の真っ白な筋が立ちのぼり、
上に行くにしたがって複雑な容になって行く。
最後には何も残らない。
余韻を愛しむように何度か深呼吸をすル。

贅沢な夜を。
今夜は、カンバスに水でもこぼしたように滲む、月夜でス。

-------
Sobranie "Black Russian"
タール10 ニコチン0.8
WANTED:ソブラニー/ブラックロシアン
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

@虎ノ門から、SHINSEIへ

さて就職活動をコツコツと進めているhideちですが、
昨日行った場所の一階に面白い店舗が入っておりましタ。
その名も、

"Mobile Ashtray Museum"

これで昨日hideちがどこにいたかお察しする方が多いはず。
だってここのブログは煙草関係で検索してくる人が多いから。

最高に楽しいグループ面接が終わって一階まで降りてみると、
先に終了したグループが巷に転がっていそうな煙草を吸っていた。
そこに灰皿があるから、ここは煙草関係の会社だから、ロビーで吸っていた。
明らかに、周囲の換気扇(?)が吸収できない量の煙が出ていタ。

そこら辺の煙草をそこら辺の灰皿で吸う子は、
そこら辺に転がっていそうな、そこら辺の学生だっタ。
面接では一丁前に喫煙者と非喫煙者との仲違いや、
吸うもの、吸わないものとの共存について力説をしていたに違いない。
しかし、実は煙草が好きな者と、嗜む者と、依存する者と、利用する者と、興味のない者と、嫌う者がいル。
もっと沢山いるかも知れない。
しかしこれも、戯言であル。

閑話休題。

さてその一階にあるMAM(略)は携帯灰皿に個性を強めに付け足した商品が並んでいる。
一言表すならば、「オサレ」であル。
(「お洒落」一言で表す事ができなくなり、片仮名になったもの。)
そして現在ここで商品を購入すると携帯灰皿がおまけについてくル。
模様違いの灰皿2つ
二つも。

如何せん外では吸わない、と言うより夜の自室で煙草を一本深く味わうのにはまってしまったhideちには、縁のない商品でもあル。どうせなら、輸入しなくなった煙草、トレジャラーの二本や三本欲しかっタ。
しかし、hideちは筒状の携帯灰皿を持っていル。これは旅先の縁側で吸うためのものダ。これで携帯灰皿が三つになっタ。欲しい奴はいるか。

このMAM(略)は携帯灰皿の展示販売だけではなく、床から天井までの壁がガラスになり、その側面にカウンターと、かわいらしい一人用の椅子が並んでおり、等間隔で透明の、これまた凝った灰皿が置かれている所から、喫煙喫茶みたいになっていタ。
hideちのグループ面接仲間たちはそこで一服。会社前のちょっとした緑地地帯を眺めながら、吸っていた。MAM(略)内の人は、店員と自分たちだけの広々スペース。

ふと、レジ越しの壁にいくつか煙草が並んでいるのに気が付く。マジマジと一つ一つ見ていると・・・
SHINSEIおやおや。
これは、かのルパン三世に出てきた銭形の愛用する煙草。
SHINSEI。
いやはや。今でも時折テレビで出る名言を思い出しまス。
「あのー。そこに並んでいるのは売り物ですか?」
そう聞いて買ってしまったのは秘密であル。

峰ついでに切らしていた「峰」も買い足ス。
どんな煙草を吸うかや、吸い方など各々のエピソードを話している中で、hideちはこの人たちよりも随分深く吸っていることに気が付いた。深酒ならぬ、深吸い。ついでに煙草でも・・・ができない所以でもあル。

30分くらいはボヘーっとニコチンに酔いながら吸っているわけだから。
因みにSHINSEいは両切りで、10月10日の記事にあったドイツ煙草の「Roth-Handle」以来久しくに吸ったことがない。
「Roth-Handle」自体もまだごまんと残っていル。
入梅までには半分くらいには減らしておきたい。

店員の中の紅一点(男)が、端正な顔で中々の美丈夫であったことを、ここに書きとめておくヨ。

-------------
SHINSEI:タール22 ニコチン1.6
峰:タール12 ニコチン0.9
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Roth-Handle

ドイツで小旅行をして来た男友達が、
ななななんとお土産に煙草を買って来てくれましタ。
因みに、違う人に買って来て余ったからくれたのか、
hideちのお土産として買って来てくれたのかは聞いていませんw
あまり物でも良いです。ええ。嬉しいですもん。
ドイツの両切り煙草
名はRoth-Handle。
Handleのaはウムラオトでス。
早速あけてみたら、「おや反対に入っているゾ。」
開けると先ず見えるのはフィルターですよネ。
違うんです。点火の方が皆仲良くこちらを向いていル。

出してみたら、両切りでしタ。

初めての外国原産煙草兼両切りだったので、ちょっと焦ル。
口に着ける方の葉が口内に入らぬように、詰める、詰める。
紙を被せて、さぁ点火!
フィルター無しは流石に咽に来ますネ。
ニコチン中毒ではない為にノンヘビースモーカーhideちが、
普段通りに含むとむせましタ。アホです。

葉っぱの匂いが随分と強いので、
味にも興味津々でしたが中々お淑やかでス。
イギリス煙草見たくぼや〜っと深い紫煙を吐き出す訳ではないです。
しかし、濃い渋みが味わえまス。
お酒に合いそうな荒々しい感じ。男っぽい。

タール10 ニコチン1.0 一酸化炭素6
ドイツは一酸化炭素を表示するようでス。
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

峰
久しぶりに新しいのを買いましタ。
「富士」や「さくら」、「凛」などの日本の煙草仲間。

独特の苦味とコクと現されますが、
hideちはコクの方にかなりの重点を置きたいでス。
喉にすんなり通る軽さがあるように感じますが、
その後の口に残る何とも言えない煙の奥深さ。
苦味があまり感じないのは自分だけかのぅ。
苦味は、焦げた珈琲にミルクを足しまくった、そんな苦さ。
甘くないし、苦さの味もないけれど、
重々しいくらいのコクが病み付きにv

タール12mg ニコチン0.9mg
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

長く、長く。

月曜日、実に一ヵ月半ぶりの一服を。

決して禁煙していた訳でも、
風邪をひいていた訳でも、
厭きた訳でもなく。

ただ吸う機会がなかったノ。
その日はいそいそと煙草棚に手を伸ばし、引き出しを開けて、乱雑に置かれた幾種類もの箱を眺める。

久しぶりな為、あまり肺に入れないように、細々と吸うつもりでしダ。
しかし、白い一本の紙巻煙草に火を点けて、いざ口に含んでみると。

(゜д゜;)

すごい不味い。何故ダ。
味覚でも変わっちゃったのかナ。
次の日は別の種類を一本。
美味かった。

hideちはダビドフが嫌いの様子。

そろそろ煙管へ移行しようかと勘ぐる、今日この頃。
明日、錦町のタバコ屋さんへ出かけてみようかナ。
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

WANTED dead or Alive

高い。でもX-Masプレゼントとして欲しい。
(クリスマスにしては、ちゃっちいガw)

銀はもっと高いSobranieから数ヶ月。
欲しい煙草が増えましタ。
「TREASURER」が欲しい!
しかし、高い!そして巷に無い!
超高級煙草、店頭価格一千円。


来月は登校日がかなりあるのにも拘らず、飲み会有、旅行有。
因みにバイト無し!
一月に行くコンサートのチケットもそろそろ払わなねバ〜
それに、パスポートも更新せねバ。
アメリカって有効期限から90日以上ないと使えないなんて(涙)
かと言って出発日遅らせるのは断固として拒否するゼ。
面倒臭い月になりそうだワ(´`。)
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

BlackStone-cherry-

購入当初、どうしても最後まで吸えなかったヤツ。
チェリーのしつこさに屈し、気持ちが悪くなったヤツ。
以後、19本残ったまま棚の奥深くにしまったヤツ。
甘い甘い甘い買ったからには吸わねばならぬ、何と考えてはいるが。
やっぱり一本目のイメージがなぁ・・orz
馥郁な香りはリラックスを促してくれる。
リトルシガーなので長く、より多くの時間楽しめる、筈。

うむ。今夜二本目試そうか知らん。
慣れれば美味しく感じるのだろうナ。
しかし、友人に止められたガラム並に香り強いので、吸う場所を選ばないと・・中々取れないんだよね。


JTがより目立つように健康被害への表示を義務付けた、あの表示がないヤツ。あれを嫌がる人もいるけれども、流行がそうなっているので、まぁ仕様が無いかナ、と気にしないhideち。気にするのは、他人にそうやらせてまで、言われてしまう程にまで依存してしまう人。先を見据えられない人。一辺倒。

タール、ニコチンは非表示だヨ。
どの位あるんだろうナ?
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Ark Royal-pipe flavor-

アークの中で一番好きになった味。

アーク・パイプ

初めてアークを試したのがアップル味。以後甘い物を梯子するが、友人から譲り受けたこれで初めて煙草味路線へ帰還。パイプ味とは言うものの、パイプはどんな味がするのか分かるはずもなく。しかしサッパリ過ぎず、コッテリ過ぎず、果実系とは違った甘さがあル。パイプはもっと味が濃いのだろう程度しか分からぬがネ。
これは見た目のデザインも気に入っている。

今日は早朝から部活があり、
その後夕方から飲み会があり、
何とも疲れた一日であル。
金魚たちがウトウトして来たので、hideちもそろそろ寝ようかネ。

タール18 ニコチン1.4
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

閑雲野鶴

今日は、ここ数日乾燥による喉の痛みやらゆっくりする時間がないやらですっかりご無沙汰だった煙草を久しぶりに吸えた日であル。

トトロの小道日中は秋雨らしい静かな雨天で、夕方からそれが止み、気温が低いながらも風呂上りには丁度良い寒さに出来上がった。座卓手前の、床にある座布団に腰を下ろす。
明日の食事の仕込みも終わり、近々締め切りのある課題もなく、匂蝋燭に火を点けて、60Wの暗い電球のランプで手元を照らす。寝静まった金魚たちに、寝ぼける秋虫たちの小さな声が、蝋燭の火でゆらゆら揺れるようダ。そんな物思いに耽る序に燐寸で煙草に火を点けル。

スーっと吐く白い煙、続いて口内に残る染みみたいな円やかさ、馥郁たる好い香り。水面を這うような、変化のあまりない曲と共に、部屋を漂う煙に、北亡の煙を重ね合わせる。

この時間が一番好きダ
早く冬よ来い雪
煙草 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -