Orange Tea

Author * hideち / 愛でるモノは音楽・本・植物・金魚でス。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

奥日光 落ち葉が誘う眠りの香り

栃木県へ行って参りました。

数日前、仕事中にふとWeather Newsを見ていると、
日光の紅葉具合が、見ごろを迎えているとか。
他の近場だと草津の山奥くらいで、2ヶ月前に草津には
行ったものだから、日光へ行こうと思い立つ。
続きを読む >>
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

♪and i give up forever to touch you

by The Goo Goo Dolls "Iris"

お久しぶりでス。
GWも残す所2日になりましタ。

同期が先週の月曜と水曜に有給を取り、
超大型11連休を楽しんでいましたが、
そう言う人も多かろうと思いに耽っておりまス。

hideちの働くフロアーでも、
先週の月曜木曜は驚くほど人がいなくて静かでした。
が、先方は日本とは全く違う休日体系なので、
人は少なくなっても電話やメールは少なくなりません。
寧ろ此方の連休前に済ませておきたい事柄の問い合わせが、
台風のようにいらっしゃいましタ。

もう必死。
私たちが。
上司は15時頃に人知れず帰ろうとしますしネ。
皆が聞こえるように、大きな声でお疲れ様って叫びましタ。
上司集中砲火。

さて、hideち自身の連休はと言うと、
GWの1日ー4日までは再び北海道で遊んでおりましタ。
今回は観光らしい観光が出来たのですヨ。

札幌では、かーなーり美味しいと言われる(友人統計)スープカレーを、
野幌では百年記念塔でハイキングを、
日高では、お手ごろ価格の日高牛ハンバーグを(@朝食)、
登別では温泉と水族館と小さな地獄谷を楽しみ、
最後は、どこか(笑)で有名(?)なソフトクリームを食べましタ。

行く先々では、牧場内で無心に草を食す馬や牛がおりまして。
この時期は仔馬、仔牛が多く見受けられましたヨ。
いやしかし、仔馬は仔でも綺麗ですネ。

初めての雪の無い状態の北海道へ行きましたが、
別段普通の田舎でございましタ。
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

♪Hi there how are ya

by Eagles "Pretty Maids All In A Row"

大学でとっている授業の中で、ユーラシア大陸の映画を見るのがあり、
その課題であるレポートの提出の為に、現在映画を何本か見ておりまス。
北東ヨーロッパ限定の映画を一本選択し、それについての批評を書くのですが、
その一本を選ぶのにTSUTAYA(@三軒茶屋)で映画を何本も借りて見ておりまス。

前期のレポートでは「列車に乗った男(仏)」の批評を書き、
と言うよりもお題が出された授業初日から書きたいのが決まっていたので(笑)、
難なく前期はレポートを出す事ができましたのよネ。

今回は難しいでス。
何故だーろーうー。

どうも映画には興味の無いhideちが居まス。
だからこうして半ば強制的に映画を見る授業を取ったのかも知れない(笑。
お陰で該当する映画が一本も思い当たらず、苦労していまス。
「北東」の指定が無ければ「第三の男」か「永遠のマリア・カラス」について書くつもりでしタ。

どうしてそこまで映画を見ないのか考えた所、
映画を見るには、本を読む時までには行かないにしろ、
結構エネルギー使うから、だとか。
しかし食わず嫌いはあるけれど、一度見てしまえば好きも嫌いもなく、
斜め読みもぜずに、生真面目に全て見るのは受身過ぎるのかも知れない(笑。

あとは映画を何本かレンタルする時には必ず、
攻殻機動隊をレンタルしているからかナ(笑。
もうね、大好きなの(笑。

そろそろレポートにする映画を決めまス。
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

♪Why can't this kiss be true

by Korn "Kiss"

先日24日から今日まで北海道(富良野)へ行っておりましタ。
実は二週間前にも北海道へ行っていたのですけどもネ。
今回はスキーオンリーで御座いまス。

言い方が某イベント見たいですナ。

二日目の25日と三日目の26日しか滑れず、
しかも25日は生憎の雪&曇りで、
折角の白銀絶景が見れずに残念極まりなく。

ただ26日は一日中快晴で、更には気温もこの上なく低かった為、
雲ひとつない、恐ろしく濃い藍色の空を上にかざし、
初心なままの真っ白な太陽を背負って、
周囲の音を無限に吸収するフカフカの雪の上を、
レーシングカー並の速さでかっ飛ばしましタ。

天気が非常に良いものだから、
スキー客はこぞって山頂を目指す訳でス。
まともに滑れない方が、決死の覚悟で山頂まで登り、必死に感動し、
そして一所懸命にコースを降りて行く姿はとても可愛らしいものでス。

山頂での写真は、後ほどアップする所存で御座いまス。

今年も木彫りの梟を買いましタ。
北海道は富良野に、もう5回も来ているのですネ。
温泉が沸いて高級リゾート地へと成り代わる前に、
もうあと2、3回は行っておきたい場所ですネ。
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

♪a little bit insecure

by Linkin Park "Faint"

「上行ったら、ゼッテェ策の向こう側に投げられるよナ。」
と、hideちの後ろに居た子が言ったのよね。

「ヤベー。あの人服脱いでるぜ。くっ付きたくネー。」
と、hideちの横にいた子が言ったのよね。

「始まったらさ、後ろからの押しに乗って一番前行こうぜ。」
と、hideちの斜め後ろにいた子が言った。
させないゼ!

----------
昨夜は友人Kと、linkin parkのコンサートに埼玉まで行って来ましタ。
(@埼玉スーパーアリーナ)
ものすごーく広い為、アリーナ席(ブロック?)が取れたと言っても、
決して喜べないのがここ、埼玉スーパーアリーナでス(笑。

でもアリーナ席Bブロック(右側)の、ほぼ最前/ステージ目の前を取ったのでス。
よし!と思ったのも束の間、前座が終わった時点で、
既に5、6人の死者が出ておりましタ。
(死者=人圧と熱気にやられてStaffに引き上げられた人)
いやはや、hideちの居たブロックは酷かった(笑。

けど、酷くて良かった(笑。

押して押されて、叫んで、歌って、ちょっと人殴って、
また押して押されて、叫んで、またちょっと人殴って。
(手を上げても、人の激しい波で、腕が前後の人に当たっちゃうのでス。)
腕力と身長の高さと熱さがモノを言うブロックでしタ。
もう服が汗で、グッショグショ。誰の汗かも分かりません。

いやん。過激。

中盤でlinkinが"breaking the habit"を歌いまして。
この曲でhideちは初めてlinkinに好意を持ったのよネ。
もう4年も前の話でしょうか。思い出深い曲でス。

〆の曲は"Faint"。
ラストだったので、もうどうにでもなれと、
数百人押し競饅頭が開催されてましタ。
兎に角、押す、押す、押す。押される、押される、潰されル。
手を上げるのも一苦労・・・(涙。

MikeがMCでの「愛してます!」発言に、
「愛してるぜ!」と返した皆が印象的(笑。

----------
今は全身を襲う筋肉痛に悩んでおりまス・・・。
帰ってからお風呂で確りマッサージしたはずなのにネ。
あと、痣とかネ・・・(笑。
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ウサギの、一円玉救出劇

これは、土曜日の話なのでス。

2リットルのペットボトルに細い切込みを入れて、
そこから一円玉をチャリンチャリンと落としてましタ。
大きい金額での貯金をするくらいならCDや本を買ってしまう私は、
小さい金額ならできるだろうと、
取り敢えず一番小さな単位の一円玉で貯金をしていましタ。
ペットボトルにね。

この間の土曜日にふと見てみると一円玉が入り口近くまで来ていたので、
丁寧に小さな袋に小分けしてから郵便局へ持って行ったわけでス。
しかし、この時話は土曜でございまして。
ATMでしかお金の取引はできません。
それも承知でこの日は行ったのだけれど。

ATMには一回で最大何枚まで大丈夫だったか、百枚だったか、
二百枚だったか、いや、五百枚だったな、などと憶測を張り巡らしつつ、
二百枚の一円玉をジャラジャラATMに食わせました。

ブブー

とまぁ蓋が閉まらなくなったので一旦全部取り出して下さいと、
週末の静かな郵便局(本局)で爆音のアナウンスが響きましタ。
あちゃー、と思いつつ袋に一円玉を戻していたら、

ピンポン、ピンポン

5、6枚の一円玉が残っているのに、
蓋が荒い音を立てて閉まりましタ。
これしか小銭って預けられなかったっけ。
と思い画面を見てみると、

ビビー、ビビー

付属のインターホンで係員を呼ぶように、
と出ているではありませんか。
いやはや、これはまた恥ずかしい事をしてしまったと、
黄ばんだ子機を取ってオペレーターと話していましタ。

オペレ「金額はどのくらい残っていたか覚えていますか?」
hideち「一円玉5、6枚だったと思いまス。」
広い郵便局に響き渡る一円玉5、6枚をめぐるhideちの声。

オペレ「30分程待って頂ければ警備員の者が到着します。」
hideち「月曜日に窓口が空いている時にまた・・・来ても良いですか・・・。」
すぐ近くで年賀葉書を売っているパートのおばちゃんの視線が、
もう痛くて、痛くて、敵わないのよネ。
アキレス腱も貫通してましタ。もう、倒れそう。

と言う訳で3日前の月曜日に再び郵便局へ行きましタ。
先日とは違って、活気に溢れた明るい郵便局でス。
窓口の人がhideちの名前を呼びまス。
いそいそと窓口へ行き、挨拶を交わし、
週末に取り残された小銭が丁寧に、紙袋に入れられて出てきました。

助かった一円玉たち係り「4円ですね!」

いやはや、そんなに大きな声で言われると。
hideちに向けられた順番待ちの人たちの眼差しが震えていまス。
紙に署名して、印を押して、救出された4円はポケットに入れ、

脱兎、郵便局を出ましタ。
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

体内時計の狂い具合

先月の20日からhideちはアメリカに居た訳でス。
そして今月の2日に無事帰って来ましタ。

13時間(今は冬時間で14時間差)の時差があるのにも拘らず、
渡米でも帰国でも、時差ボケにならなかったhideちは、
体内時計が狂いっぱなしなのかも知れない。
それとも、睡眠と覚醒に明確な境目がないのか。

寿命かも知れない。

----------
果てさて、hideちは何処にいたかと言いますと、
アメリカはNY州に叔母家族が住んでいまして、
そこで2週間お世話になっておりましタ。
お陰様で宿泊、食費を0ドルにできました。
この時だけ、hideちの家族親戚が地球規模で離散していて良かったと思いまス。

2週の間、hideちは散財してまして。
しかも、無駄に靴ばかり買っていたと言う。
日本ですと良心的な価格で靴が買えないからなんですけどもネ。
(サイズがないのヨ。)
服も何着か、サプリメントも何瓶か。
続きを読む >>
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | - | -

♪Like galaxies in my head

by Sting "A Thousand Years"

昨夜は、中高で一緒だった一つ下の友人が所属する服飾団体、
Serendipityのファッションショーを見に行きましタ。
ファッションショーとは言うものの、
映画"Fight Club"の殴り場の様な場所に、
若者がカニ缶よろしく、押し詰めされた場所での開催でしタ。
(@麻布十番, "WAREHOUSE")

彼らの今回のテーマは、「無垢」。
無垢といえば先ず連想する「しろ」が前面に出たワンピースたちが出ます。
幼い子供が、二人で手をつないでステージを歩いてくるのが始まり。
その後、徐々に服に色が付いてきまス。
その中で、花のパンジーや野原に咲く秋草に見る藍色がよく映えてましタ。
また徐々に色を失ってゆき、最初の真っ白な服が出てきまス。

「物語を作ってみました。」と友人が挨拶で言ったように、
hideちには上記の、「染色と脱色」の流れが見えましタ。

帰り際に忙しい中顔を見せに来てくれた友人は、
目に隈が深く掘り込んであっタ。
「俺もう三日寝ていないんだよね。」

Ah, I should have given him a hug, not a hand shake(笑。
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

タンポポ風味に中てられた日

一昨々日の出来事から始まりまス。

タイから帰国して3時間後に携帯電話が震える。
何だろうと携帯電話をのぞいて見ると、
(この場では仮にRさんとしまして)
そのRさんからのメールでしタ。

Rさんはネトゲでの仲間で、知人で、友人でス。
と言っても、もうネトゲとの境界線は海域を越えるマグロ宜しく踏み越えておりまス。
mixiでもそれはそれは毎日メールのやり取りをしておりましタ。
他愛もない会話の中でキラリとひk・・・陽射し見たくあたる、Rさんの粋。
笑いがなんともオットリしておるのでス。
そこに何があるかは、hideちには察する事はできませんが。

因みに、タンポポ風味でス。

そのRさんは、お盆を利用してhideちが居る東京に帰郷中でして。
一昨日15日には自宅へ帰るそうなので、
最終日のお時間をhideちが頂いちゃいましタ。

オフ会ってぇやつですネ。

あれこれ考え、期待だったり、楽しい時間を想像すると失敗するので、
今日の事は忘れる勢いで待ち合わせ場所下北沢まで行きましタ。
と言いつつ、行きのバスの中でHoobastankを聞きくものだから、
テンションが無駄に上がりまス。

五分前にはカッチリ着いたので、
時間までヴィレッジヴァンガードで漫画の立ち読みをしておりましタ。
面白い漫画があったら買って帰ろうかな、な勢いで。

とまぁ逆にオモッキシ楽しみにしているのがにじみ出てまス。

頭をまっさらにしても待ち合わせ時間の、15日の13時はやってきまス。
時間になればhideちから電話をするのが私のお仕事なので、
2、3分間を置いてから恐る恐る携帯電話の通話ボタンを押したわけでス。
(この2、3分は長かったわw)

呼び出し音一回目。
呼び出し音二回目。

ここで、Rさんが電話に出た時に、
緊張のあまり声が裏返ったらと言う無駄な不安が起こりまス。

呼び出し音三度目。

ガチャッ
(・・・出た!出たよ!電話に出た!)
「もしもーし」

で、無事に会えたとサ。

チャットであれ、肉声会話であれ、話せば落ち着くんですよねぇ。
まだまだ、小娘ですネ。
女ってそう言うものですかネ。

夏休みにもかかわらず、暑さのせいか下北沢には人が居なかったのもあり、
いとも簡単に落ち会うことが出来た訳で。
目印のハンチング帽子を被っていた、Rさん。
ネトゲでの口調(文字の交換に口調?)そのままでした。
逆にホッとした一場面でもありまス。
全く違う様子でも、一向に構わないw

----------
中々美味しかった楽しい一日を有難う御座いましタ。
もう少し涼しかったら・・・
二度もお茶をしたり、
涼しい建物の中で歌ったりしなくて済みますネ。
次回お会いするのを楽しみにしてまス。

・・・再来週か!


Rさんの腰がセクシーだったのは、内緒ダ。
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

@タイ9日-14日

先週の木曜から昨日まで、hideちはタイへ行ってきましター。
半年前に両親があちらに越してから二度目の・・・帰郷(?)となりまス。

前回行った時に、ある程度バンコク中心街は把握したので、
今回は余裕を持って出かける事ができましタ。

象さんパーク入り口全く観光する気のないhideちは、少しは観光もすべきだとhideち父のお達しにより、アパートから車で小一時間のところにある象さんパーク(エレファント・ズー)に行って来ましたヨ。
入ったら親子象や小象がその辺をふら付いているんですネ。
勿論飼育員さんもいましたヨ。
象さんの餌が10バーツで売っていたので、二袋買っていざ象さんに!
しかし皮を剥いた状態にしないと貰ってもくれません。
仮に剥いたとしても、熟れ過ぎたのは地べたにボトッ。
グルメですねぇ。

わにショーさて、象さんパークとは言っても他にも動物がいるんですねぇ。
園内を細かく通る川と言うよりは溝みたいな所にはナマズがウヨウヨ。
象の数よりも多い、ワニさんのいる飼育小屋。
丁寧に年齢別の金網付きの池にプカプカ浮かんでおりましタ。
上から見下ろせる高台ではワニさんショー(ワニの口の中に頭を入れたり)が行われ、見物客はチップとしてお金を生け簀に投げ込んだり、ワニの口の中に入れたりやりたい放題でしタw

トラさんと写真因みに、ここは入り口で満腹状態のトラ二匹(成猫)と記念撮影が出来まス。妹が100バーツを握り締めて写真を自身のデジカメで撮ってもらってましタ。
この動物園(?)は現地の人が多く、と言うか現地の人しかいない様子で、観光客は皆どこに行ったのか疑問に思ってましタ。象さんとワニさんがこんなに身近で見れるのになぁ・・・と思ったら、お隣の公園「ローズガーデン」が観光客専用の施設みたいで、そこはタイの民芸品やら、タイの伝統的な踊り、ムエタイ、象のショーだったりが盛り沢山。タクシー用の高級車がズラッと並んでおりましタ


果てさて、hideちの観光はこれくらいでして。
後はご飯を食べに屋台が何十とひしめく場所へ出かけて、フォーや揚げ物、炒飯、カレーやらをたらふく食べ、週末はサイアム(二つの電車の路線が交差する大きな駅)にある巨大なモールに繰り出して買い物をしたり、バーガーキングで思い出に浸ったり、チャトゥチャックのウィークエンドマーケット(1万店舗を超す露天区域/今年室内ver.も出来ましたヨ)でアパートに飾る写真たてを探したり、ペット区域では只管金魚を見ていたり。
近所の喫茶店で珈琲を飲んだり、コンビニでタイの煙草を買ってみたり。

東京にいるのとあまり大差ない生活をバンコクではしておりましタ。
しかし、色んな言葉が飛び交うバンコクは変に居心地が良かったですネ。

懐かしいと言うか。
外出 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -