Orange Tea

Author * hideち / 愛でるモノは音楽・本・植物・金魚でス。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

引越しして2ヶ月。掃除機と洗濯機を今更揃えタ。

東京都多摩市から、東京都世田谷区に 引っ越してから、はや2ヶ月。 昨日洗濯機と掃除機が届いタ。 運送業者が2ヶ月遅れていたわけでもなく、 ただただ何もしなかったhideちでス。 その間は近場のコインランドリーに通ってましタ。 クリーニング屋さんが兼業しているここは、 業務用のとても大きな洗濯機と、乾燥機が並んでいル。 意外にも、いれかわりたちかわり人が来る。 日中だろうが、深夜だろうが、平日だろうが、週末だろうが。 最近は専有地外の廊下でも、洗濯機を置いているアパートを みかけますが、洗濯機を持たない人も沢山いるみたい。 洗濯機は買ったものの、お布団を洗う時は、 またここに来ようと思う。 洗いに来る時は、季節の変わり目ですネ。
戯言 | permalink | comments(21) | trackbacks(0) | - | -

伴侶と曾祖母の関係

週末は大学の友人Kと、久しぶりに渋谷を周遊。

開口一番、彼女曰く。
なんでもその日見た夢の中でのhideちは、ドイツへ出向中との事。
その夢を見た日にhideちに会う予定だったものだから、
起床したての空ろな脳内では、hideちが、ドイツからどうやって
渋谷へ行くのか疑問に思ったそうナ。

本社がドイツにある所と毎日やり取りをしているものだから、
hideちがその内ドイツに居てもなんら疑問には思わないけども、
彼女の夢の中では、自分が草臥れている様子だった事で、気になりまス。

転勤でも、転部でも、転職でもなんでも、自分が動く前に
身の回りの整理はしたいと思う、今日この頃。
手前の都合でキャリアを好き勝手に作る事が出来る前に、
伴侶が自分の隣に据わっていられるように、したい。

私と一緒に居てくれますか。

って言いたいけども、ちょっとした蕾みたいに小さなプライドが、
私ではなく相手に言って欲しいらしく、自ら言うのを抑えル。

そう思っていた矢先に、hideちの曾祖母が本日、大往生。
まだ彼女の記憶が時間と結び付いていた頃に、
hideちは玄孫を連れてくると約束してましたが。
生憎かな、hideちはまだ妊娠も、結婚もしていなければ、
曾祖母に男を紹介することも出来なかっタ。

髪を紫に染め上げ、高級品を着こなしたイケイケな曾祖母に、
「この男と一生居るんだよ」と背中を押さる予定だった。
この台詞は、祖母が言うんだろうナ。

hideちの家は皆、洒落て、食い意地があって、よく話す長寿。
家の者を見ていると、hideちはドイツに行っても元気な気がすル。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

♪I'm as dark as December

By Sting "The Hounds Of Winter"

会社のメールで、クリスマス休暇の知らせを受けタ。
ヨーロッパはこの辺からクリスマス休暇が始まるみたい。

よく交流のあるUKのオフィスは、23日までは開いている様子だが、
クリスマス前日までの2日間を出社しても、
お客さんが休暇に入ってしまっては特にやる事もなく。
日本より一足先に冬休みに入りましタ。

此方の冬休みまであと1週間。
今日から1週間後には、hideちも冬休みに入りまス。
予定も財布もギッシリつめて、休み明けにはスッカラカン。
それでも気分はつまったままなんだろうナ。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Full moon !

東京も、いつの間にかセミの鳴き声が聞こえなくなりましタ。

一昔前の降下する飛行機のように、
気温がガクンと下がり、安定し、
また下がって安定しながら
冬の準備が進むのかと思えば、
毎日がとても楽しく思えまス。

先日祖父母宅で天気予報をチラチラと見ていたら、
北海道の内陸部では降雪の範囲が表示されてましたネ。
今年の冬も刺すような寒さに肩を強張らせることになり、
つい嬉しくって、万遍の笑みを浮かべる私がいるのだろう。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

♪if manners makes a man

by Sting "Englishman in New York"

長い放置でしタ。

前回から5ヶ月ほどが経ち、
仕事では徐々に自分でハンドリングする事が多くなり、
一丁前になったと勘違いしやすい時期に入っておりまス。
自身がやるべき事は出来るようにはなりましたが、
それでも自分は新人であり、周囲には幾重もの業務をこなした
人たちが座っており、其々が公私での責任を確りと負い、
日々の軋轢を調節し、花開いている事を毎日認識するようにしておりまス。

振り返りますと、この5ヶ月の間は
働いている独身女性と言うものを
満喫していたのではないでしょうか。
連休があろうものなら何処かへ出かけ、
買い物をし、友人と談笑をし、高めの食事をとり。

5月は先回の日記通り北海道へ
7月は再び北海道、道東の方へ
8月は夏休みを利用し、神戸に1泊、タイへ4泊5日
9月は、昨日は大阪へ、来週はまた北海道。

知り合いが北海道にいるとなると、
費用が驚くほど抑えられル。

週末が楽しみだわ。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ゴミの分別

さて。
本日金曜日にやっと配属先に行けるようになったhideちでス。
月曜日〜昨日までは同じ事業本部の同期と会議室を一部屋貸し切って座学。
その前の、社会人一週目は同期全員で広めの部屋を貸し切って、座学。

大学では昼後or昼前で授業が終わっていたので、
眠気と言うものに襲われるのは無かったのですが。
この2週間の研修では、生れて初めて講義中に眠気と言うものに襲われましタ。
学生の時は、何故みな眠くなるのか分かりませんでしたケド。
感覚としては、深夜の勉強中に襲う、あの眠気に似ていまス。
その5分だか10分を切り抜けると目が覚めるのですよネ。

一昨日だったか、配属が発表されたのでス。
大きく言うと、営業でス。
その営業の、何処とかは言うまでも無いのですが、
2つのフロアーをそこの事業部は、占めてまして、
先ず目に入るのが、オッサンなのでス。
何十年とキャリアを積んできた、オジサマが多いのでス。
hideちにとってはもう、楽園でありまス。
hideちの上司も、勿論オッサンでス。
隣の机も、後ろも、そのまた無効隣もオッサンでありまス。

別にオッサンにして下さいなんて希望してませんからネ。
職場に行くのが楽しみで仕方がありません。

かしこ
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

地面から生えた月

先週末は北海道へ遊びに行き、
その週初め17日の月曜日に帰宅しましタ。
羽田空港から品川、終電間近の田園都市線を目指して、山手線に乗り込みまス。
三軒茶屋を降りて、ふらりふらりと自宅を目指す中で、
帰宅道中に生えるコブシの花がいつの間にやら開いてましタ。

駅から自宅までの途中に一本だけ、
狭い空間を突き抜けて立っているのでス。
コブシの、ふっくらした大きな花が枝いっぱいに乗ってまして。
幸が薄そうなのに骨太な枝には、それはそれはどっさり乗ってましタ。
葉をつけないで先ず花を咲かすので、
お餅のような丸くて白い花が、よく映えるのでス。

今日、荷物を引越し業者に預けましタ。
雨の中、彼らは本が詰まったダンボールを掛け声と共に持ち上げまス。
箱が濡れないように、車まで走ろうとしますが、
如何せん手に抱える箱が重すぎて浜辺を歩く蟹のよう。

給料が4月末に入るのに、引越し業者は否応なしに、
その場で諭吉と野口を数名連れて行かれましタ。
彼らを偲びつつ、静かなこの午前の雨の中、
こぶしの花が散ったのを知る。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

惹起

続・引越し話。

hideちは会社の寮に引っ越すことになっているのですが、
現在飼っている40匹以上もの金魚のうち、
部屋で飼っているこを連れて行こうかと思っておりましタ。
しかし、どの集合住宅にもあるように、ペット禁止の可能性がある訳でス。
そこで、hideちは勤め先になる会社に聞いてみたのですヨ。

金魚は静かだしサ。
臭いもないしサ。
それに、金魚は癒しの効果が抜きん出てあるのヨ。

自分に。

とまぁ、次の日。
就業中の会社のメアドからの返信だったので、仕方の無い事とは言え。
省略すると、金魚は飼育禁止事項に当てはまらないですよと、
至極真剣な文章が載せられて返ってきましタ。
そこが、いささかhideちの笑いのツボに。
お役所言葉って言えば其れまでですけどネ。

松本さんたち(部屋の金魚たち)もそろそろ引越しの準備しようネ。

本当は無断でこっそり連れて行くつもりだっタ。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ぎっくり腰のかたわらで

祖父が庭弄りの最中にぎっくり腰になりましタ。
薔薇の剪定中になったと見られまス。
暖かな日差しが庭の全体を占める、明るい庭の中心で、
地蔵のようにポツンと座っていましタ。

5年ほど前に癌を患ってから(現在完治)と言うもの、
毎日髭と一緒に髪も剃っているものだから、
まだ春の日差しにはなりきっていないはずの太陽の光が、
祖父の頭部にあたると夏のギラギラした強い光になって見えまス。
それを見て祖母が横で腹を抱えて笑っている訳でス。

来週中に引越しを予定しているhideちも、
荷造り中にならないよう、気を付けよう・・・。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

♪Just another day

by Disturbed "Ten Thousand Fists"

先回の日記で迷っていた映画は「ZAHRADA」(スロヴァキア)にしましタ。
世間では所謂ダメ男と呼ばれる男性が不思議な庭に迷い込むお話でス。
無事に期限内に提出できまして。

無事といえば、先週の5日は卒業論文の提出日だったのでス。
これまで何十回も発表をさせられていたので、
あとは文字におこすだけヤッホーだったのですが、
どの文献から文章を引っ張ってきたのか分からなくなってしまい、
学校の図書館や本屋でかき集めた文献を読み直すハメに。
付箋を何十束も使い、一週間かけて読み上げましたとモ。
そうして、卒業論文は完成しまス。
提出したのは6日で、1日オーバー。
それでも、ゼミの先生は快く迎え入れてくれましタ。

因みに付箋は再利用しまス。
裏を使うのよ、裏を。

これで学生最後の春休みに入りまス。
ねぇねぇ私イタリア行きたいんだけど、どう?
良いよねー!行こう行こう!私も行きたかったんだー!
の、はずでしたが金曜日からhideちはインフルエンザに満たない、
酷い風邪を引いているのですよネ。
現在もお布団の中から書いておりまス。
昨日の土曜日がピークでして。
38度と39度の間を行ったり来たりしてましタ。
いっその事インフルエンザになりたい状態でス。
それでも、昨日の夜は楽しみにしていた事があったので、
22時くらいまで起きていたのですヨ。
良い感じに辛いので、人間持ち前の諦めで何とか生き抜きましタ。

再提出になりませんように・・・。
戯言 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -